マレーシアの宗教と言語

マレーシアの宗教は?

国教はイスラム教です。

イスラム教とは

  • 七世紀初めにアラビアのモハンマド(マホメッド)が預言者として神から授かった宗教で唯一神「アラー」を信じる一神教です。
  • 「コーラン」を聖典としています。
  • キリスト教、仏教とともに三大宗教の1 つに数えられています。

イスラム教の特徴

  • メッカに対して1日5回礼拝を行います。
  • 「ラマダン」と呼ばれる約1ヶ月間、日の出から日没までの間は一切の飲食を断ちます。
  • 豚が不浄なものとされている為、豚肉を食べません。

マレーシアは多国籍な国なので宗教も様々です。

イスラム教の他に、仏教(中国系)、ヒンドゥー教(インド系)、キリスト教(イギリスの植民地だった影響)なども信仰されています。

マレーシアの言語は?

国語はマレー語(マレーシア語)です。

  • 民族ごとにマレー語、中国語、タミール語(インド系)、英語などが使われています。
  • 第一言語はマレー語ですが第二言語が英語ですので、英語が話せる人は多いです。
  • クアラルンプールは観光都市でもあるので、ショッピングセンターの店員やホテルスタッフは英語が通じますがタクシーやローカル屋台などでは通じない場合があります。

スポンサードリンク

関連記事

このページの先頭へ